コラテラルビューティーサウンドトラックのトップ5曲

いくつかの歌は、痛み、恐れ、そして痛みが本当に個人に何をすることができるかについてのさらに深い理解を伝えることを目的としています。誰かを失うことの痛みは、個人の心の中で多くのことを引き起こす可能性のある感情です。に コラテラルビューティー しかし、あなたが一人でいるように感じるかもしれないが、それはめったにないことが発見されました。あなたが落ち込んでいる、孤独である、失われている、または何らかの形で否定的であると感じている場合、それはあなたの周りの世話をしている人々に影響を与えます。彼らが立ち往生することを決定した場合、それはあなたと一緒に彼らを引きずり下ろします、そしてあなたがあなたの頭を砂に埋め続ける必要を感じるならばそれは良いより多くのダメージを与えます。彼の同僚がしたことは非常に手に負えなかったが、それはハワードを彼のファンクから外し、彼がまだ彼を必要としていた生活に戻ることを可能にした。

人生は短すぎて十分に生きられません。

5.ウェイダウンウィーゴー

このような映画では、そのようなトラックは穏やかな瞬間から中程度の瞬間のために予約されているようです。反射が必要な瞬間、または問題からの迅速なスプリントが瞬間の順序です。ハワードは確かに問題を抱えた男ですが、彼の一部はまだ戻ってくる可能性があることをまだよく知っているかのように、彼はまだすべての希望をあきらめていないようです。彼を止める唯一のことは、彼がもう感じたくない傷です。

4.今夜は傷つけよう

これまでのところ、このサウンドトラックの曲は、関係者の生活に聴衆を引き込む良いビートと意味のあるサウンドを持っています。それは間違いなく悲しい映画ですが、この時点で各トラックに希望のメモがあり、暗闇の終わりにある光が非常に多くの望ましくない方法でねじれて曲がりくねっています。平等に戻るのは難しい旅ですが、影響を受けた個人がそれを見たいと思っている限り、多くの人が喜んで手伝ってくれる旅です。

3.夢と手紙

この映画では、インストルメンタルが道のりのように見えますが、歌詞のある曲は同じように強力で、同じように心に訴えるものです。唯一の問題は、人が歌に迷い、それが添付された映画を忘れてしまう可能性があることです。この作品には、最終的には多くの希望が込められていますが、しばらく上り坂を歩いた後に到達するのが最善の希望です。それが気持ちのようです。

2.ラブビジット#2

ハワードは悲しみを止める準備ができていません。悲しみが彼を支え、定位置に保ち、そしておそらく彼を定義するので、彼はそれを必要としています。しかし、それは生きる方法ではなく、私たちの周りにあるこの素晴らしい世界を体験する方法でもありません。愛は世界で最も強力な力の1つであり、

1.グリーフグループ

映画を通して、あなたは本当の悲しみを垣間見ることができます、そしてあなたはあなたの人生がそのような方法で逆さまにされることがどんなものであるかもしれないかについて理解することができます。子供が苦しんでいるのを見るのは親一人一人に苦痛ですが、あなたの悲しみの後ろに世界を壁で囲うことは生き方ではないことを理解するために、そのような感情を押しのけるためにまだ示さなければならないこのような瞬間があります。

結局、少なくともハワードは再び自分自身を見つけました。